乾燥対策は基本

「たまには、サロンでケアをしたいけれど、忙しくて定期的に通うことは出来ない」
という方も多いと思います。

 

「サロンに通いたいけれど、費用を考えると難しい」という方もいるでしょう。

 

そんな方は、自宅でセルフケアを行って、ネイルサロン仕上げを目指してみませんか。
 

 

では、簡単に行えるネイルケアのひとつ、乾燥対策についてご紹介しましょう。

 

みなさんは、スキンケアを行う際には乾燥を気にしている方も多いと思います。
「化粧水や美容液などで、しっかりと保湿をしている」という方も多いでしょう。

 

実は、爪も肌と同じように乾燥はトラブルの元となってしまいます。
そのため、日頃から爪にも乾燥対策を行っていくことが必要。

 

「爪の乾燥って、どういたケアをしたら良いの?」と思われる方もいると思いますが、
普段からハンドクリームなどを使って手のケアを行っている方は、
そのハンドクリームを指先までしっかりと付けていくことがおすすめ。

 

爪の周りの皮膚などにも、しっかりと浸透させるように付けていくと良いですよ。

 

また、乾燥が激しいと感じている方の場合には、
爪専用オイルを取り入れたケアがおすすめ。
爪専用オイルには、マニキュアの様に筆タイプとなっているものもありますし、
気軽に使えるペンタイプもあります。
手を洗った時や乾燥が気になる時、爪の周りに擦りこんでいくことで、
爪の乾燥を防ぐことが出来ますよ。

 

「ネイルサロンでケアをしたいけれど、なかなか通えない」という方は、
こういった自宅で簡単に出来るセルフケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ネイルの形を整える

「時間があれば、ネイルサロンに通って爪を綺麗に整えてもらいたいけれど、
なかなか時間が作れない」という方もいると思います。

 

「忙しくて、いつも爪切りでカットするだけだから、爪の形が悪い」
と感じている方もいるかもしれませんね。
そんな方は、ちょっとしたコツを掴んで、ネイルサロン仕上げを目指してみませんか。

 

では、セルフケアでも出来る、ケア方法をご紹介しましょう。

 

爪が伸びてくると、多くの方は爪切りを使ってカットしていると思います。
「爪切りであれば、簡単にカット出来て楽」と感じている方もいるでしょう。

 

しかし、同時に「爪切りだと、爪の形が整えにくい」と感じている方も多いのではないでしょうか。
そんな時には、爪切りではなく、爪ヤスリを使うことがおすすめ。

 

セルフケアで爪を整える際には、まずは洗面器にお湯をはり、
その中で3分程度手をつけて、爪を柔らかくさせてから行うことがポイント。
入浴後のケアも、最適ですよ。

 

爪ヤスリを使う際には、好みの長さになるまでヤスリをかけることになりますが、
その際左から右、左から右、もしくは右から左、右から左といったように、
一方向に向かってヤスリを動かすことがポイント。
右左、右左と動かさない様にしましょう。

 

そうするだけで、爪への負担を抑えることが出来ますからね。
そして、両サイドを好みの形にヤスリをかけ、整えればOK。

 

「爪ヤスリは、面倒」という方は、爪切りを使っても良いですが使い方に注意が必要。
爪切りを使う際にも、まずは手をお湯につけてから行うこと。
爪切りでカットする際には、まずは爪の端からカットしていくことがポイントとなります。

 

このように、セルフケアでもネイルサロンの様な綺麗な仕上がりを目指すことが出来ます。
ちょっとした工夫で、指先の印象が変わるはずですよ。

 

 

更新履歴